【レビュー】期待の新型フルサイズ用高倍率ズーム、タムロン A010 『28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)』

6月26日に発売した TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)を、フルサイズの高感度画質を気軽に使えるのにはこれしかないと思い早速購入(前モデルのA20は2007年のもので現代のカメラには性能不足なので)。簡単にレビューしてみた。
Read more

ストックフォトに掲載開始しました

溜まってた写真をどうにかしようかとサイトを作り、大きいサイズの写真は売ってレンズ代の足しにしようかと思いましたが、現状なかなか文章無しの写真というのはSEOに強くないので、ストックフォトのサイトに登録する事にしました。
Read more

Brunei, Sultan Omar Ali Saifuddien Mosque 4K(ブルネイ スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク 4K)

Brunei, Sultan Omar Ali Saifuddien Mosque 4K(ブルネイ スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク 4K)

Brunei, Sultan Omar Ali Saifuddien Mosque 4K(ブルネイ スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク 4K)

ブルネイ・ダルサラーム国(Negara Brunei Darussalam, رني دارالسلام )の首都、バンダルスリブガワン(Bandar Seri Begawan, بندر سري بڬاوان)にあるスルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク(Sultan Omar Ali Saifuddien Mosque)。良く設計された美しい庭・池とブルネイの青い空が相まって、他国のモスクと違った神々しさを持つ。

おそらくこのモスクの設計者がイタリア人のカヴァリルドルフノリ(Cavaliere Rudolfo Nolli)というのも影響しているだろう。マレー人のイスラム教国であるブルネイは、石油資源が豊富で資金力があると言うこともあり、アラブ諸国や他のイスラム国とは違うデザイン感覚がモスクが散在し面白い。

日本人はあまり観光に行くところでは無いが、ブルネイの石油のかなりの量が日本に輸出されているという深い関係の国であるし、マレーシアのカリマンタン島/ボルネオ島のコタキナバルからなら6時間もあれば往復・ちょっとした日帰り観光の出来る場所なので(クアラルンプールからでも8時間もあれば)、海外旅行で一国追加したい人は是非。

【Hub page/まとめ】iMac Retina 2014向けOver 4K 6400ピクセル写真テスト 3

本サイトでは、Apple WWDC 2014で発表された Mac OS X 10.10 Yosemiteのベータ版にて噂されるRetinaディスプレイ搭載iMacの解像度が6400×3600である可能性が高まったため、発売に備えてOver 4K画像(6400ピクセル)を作成しました。
このページでは、本サイト内でOver 4K画像(6400ピクセル)を掲載しているページをまとめたリンクページです。
Read more

Tapiei Liberty Square Over 4k Retina iMac(台北 中正記念堂 自由広場)

Tapiei Liberty Square  Over 4k Retina iMac(台北 中正記念堂 自由広場)

Tapiei Liberty Square Over 4k Retina iMac(台北 中正記念堂 自由広場)


台湾/中華民国の初代総統である蒋介石(Chiang Kai-shek)の顕彰施設である中正記念堂前にある自由広場入り口の門。中正記念堂は本堂や国家音楽庁、自由広場などのの付帯施設も合わせて、「自由、平等、博愛」を意味し台湾/中華民国の国旗である「青天白日満地紅」の価値観を体現するよう設計されている。

National Chiang Kai-shek Memorial Hall Over 4K Retina iMac(中正記念堂 over 4k retina iMac)

National Chiang Kai-shek Memorial Hall Over 4K Retina iMac(中正記念堂 over 4k retina iMac)

National Chiang Kai-shek Memorial Hall Over 4K Retina iMac(中正記念堂 over 4k retina iMac)


中華民国の初代総統である蒋介石(Chiang Kai-shek)の顕彰施設。台湾民進党政権下の「台湾正名運動」により、一時期「台湾民主紀念館」という名前になっていた。
日本統治時代は歩兵第一連隊の軍用地であり、周囲には台湾総督府(現中華民国総統府)といった日本統治時代の建物が集まっている。

Taipei Station Hall Over 4K retina iMac(台北駅/台北火車站 Over 4K retina iMac)

Taipei Station Over 4K retina iMac(台北駅/台北火車站 4K retina iMac)

Taipei Station Over 4K retina iMac(台北駅/台北火車站 4K retina iMac)


台北駅の特徴はこの巨大な吹き抜けである。JR大阪駅のようにこの吹き抜けの下にホームが並んでいるのかと思いきや、1階にキップ売り場・改札があり、地下にホームがあるという、吹き抜けの規模の割に普通の規模の鉄道施設がある。
せせこましい日本人が鉄道施設を作って、壮大な物が好きな華人・台湾人が駅舎を作ったならわかるのだが、現在の台北駅は1989年に鉄道の地下化と共に作ったものであるから、日本統治時代のものでは無い。

Taipei 101 over 4K retina iMac(台北101/臺北101 over 4K retina iMac)

Taipei 101 over 4K retina iMac(台北101/臺北101 over 4K retina iMac)

Taipei 101 over 4K retina iMac(台北101/臺北101 over 4K retina iMac)

台北101は台湾で一番高いビルで高さ509.2mで、地上101階。完成当時は世界一の高さを誇った。2014年現在では世界第6位。
2014年に地下鉄が開通しMRT信義線で台北101駅まで台北駅から直接行けるようになった。これまではMRT板南線の市政府駅を出て、阪急百貨店を通り台北市役所を歩き〜と結構な距離があったので、観光客にとってはかなり嬉しい。

Taipei Station night view Over 4K retina iMac(台北駅/台北火車站 Over 4K retina iMac)

Taipei Station Over 4K retina iMac(台北駅/台北火車站 4K retina iMac)

Taipei Station Over 4K retina iMac(台北駅/台北火車站 4K retina iMac)


Taipei Train Station for THSR (Taiwan High Speed Rail/台湾高鐵) ・Taiwan Railway Administration(台湾鉄路管理局)・Taipei MRT(台北捷運)
台北駅の夜の外観。台北駅を始めとして台湾国鉄は駅弁が充実していたりお土産屋があったりと日本に似ていて、日本人にとってはわかりやすく楽しい。