Canon EOS 5Dsを導入しました。

2012年3月から3年8ヶ月も第一線で活躍してきたMark3ですが、さすがに現代に痛みも見えてきたのと、物欲に負けてEOS 5Dsを導入。
いきなり5060万画素の中判か!の世界に突入。

さすがの画素数で、8688×5792ピクセルと、8Kテレビ(7680×4320)が標準になっても余裕があるのが素晴らしい。

画像はRAWで1枚60M程度。13inchのMacbook Proで処理するのは厳しいので、Lightroomの設定で工夫。
撮影から帰ってきて画像を取りこんだら、必要な画像をクイックコレクションに登録して、全てに1:1プレビューを生成。その後編集を行うようにする。

そうすることで、編集の時にいちいち重い計算をしなくなるので、体感値が軽くなる。全て編集し終わったらまとめて書き出し。

つまり、いちいち編集の時に計算してプレビューを生成し書き出しをしていたのを、プレビューと書き出しの時にまとめてCPUの計算が必要な作業するようにしたということ。

これにより、必要な計算量は変わっていないけれど、自分が作業しているときに重い計算が発生しないようになって、体感値が良くなります。
(まぁ総CPU計算自体は5060万画素なりに長くなっているんですが)

そうそう、ローパスフィルター効果キャンセルの、EOS 5DsRにしても良かったのですが、自分としてはお勧めしません。
モアレが出るようなシーンはやっぱりある中で、これだけの画素数の画像のモアレの処理とかを快適に出来るようなPCを別途用意するのか、、、と思うと、そもそもある程度最初から安心して出せる画を吐いてもらう方が安心だと思います。

本当はすぐ画像をアップロードしたいのですが、中々重いのでサーバー厳しく。久々にWordpress開いたらHTTPエラーも出るし。

こういうときにPIXTAのような商用サイトはやはりしっかりしてますな。

PIXTAでのIBAのページ
https://pixta.jp/@prof385572/photos

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival!!

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival is launch the biggest Fireworks in the center of Tokyo. Tokyo Symbol “Rainbow-bridge” and Hanabi is good combination!

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival!!

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival

東京湾華火大会/Tokyo Bay Fireworks Hanabi Festival is launch the biggest Fireworks in the center of Tokyo.

江戸川花火大会・市川花火大会/Tokyo Fireworks hanabi

Japan Hanabi-Fireworks/日本の夏の花火!

IBA_5K5120_20150801-1O4C1997

Inside Hanabi-fireworks, fragments of small fireworks is a different face fireworks.

長岡花火大会/Nagaoka Fireworks Hanabi Festival

Japan Hanabi-Fireworks/日本の夏の花火!

IBA_5K5120_20150802-1O4C2429

Japan Big Hanabi at Nagaoka Fireworks Festival.
Very Very Wide Fireworks! Nagaoka City is swallowed!!!

長岡花火大会/Nagaoka Fireworks Hanabi Festival

Japan Hanabi-Fireworks/日本の夏の花火!

IBA_5K5120_20150802-1O4C27401

Japan Big Hanabi at Nagaoka Fireworks Festival.
Very Very Wide Fireworks! Nagaoka City is swallowed!!!

長岡花火大会/Nagaoka Fireworks Hanabi Festival

Japan Hanabi-Fireworks/日本の夏の花火!

IBA_5K5120_20150802-1O4C2451-Edit

Japan Big Hanabi at Nagaoka Fireworks Festival.

Wades University 5K(早稲田大学 5K )

Crowded Waseda University

早稲田大学は凄い。何かある毎に人が溢れ広大なはずのキャンパスが満員列車になるのだ。
この中のトップである早稲田王は如何に吹っ飛んでいることか。
ハーバード大学が凄い、シンガポール国立大学が伸びているとかそう言うのとは次元が違う勝負である。

Waseda Unversity is Great. Because,Often Campus become crowded-train,even Waseda Univ Campus is wide.
“Waseda King” is top of waseda. King is elected in the cleverness rather than craziness.

Waseda is in another dimension of the Harvard and Singapore National Univ.
Waseda life is trained is survival force.

(Of Course, Waseda Univ is Top-level in Japan)

最新のカメラよりも、梅雨は伝統の上位機5Dmark3を推す理由

2015年はカメラの当たり年かも

SONYのα7R IIの裏面照射型フルサイズ42MPセンサーの性能がどうもかなり良さそうだったり、富士フイルムのX-T10/X-T1のCMOSの発色はかなり良かったりと、今年のカメラはいい。基本性能がしっかりしてる!
世の中の進化を感じながら、我が愛機キャノン5D mark3を入手してから2012年の3月から早3年以上(事前予約して発売日に入手したのだ。実際に量が出始めたのはその半年後なのでかなり早い)。

そろそろ物欲が湧き出してくる。

が、しかしこう考えてみると凄いのは、CANON 5D mark3は、3年間ずーっとトップ性能だったと言うことだ。あ、NIKONのD-800系もいいね。とにかくこのあたりはずーっとトップランク。
(そりゃCanon EOS-1DXのほうが良いじゃ無いかとか中判のハッセルブラッド、PENTAXなどいろいろあるが商品性が違う。)

このあたりの、敢えて高級機を(分割払いにしてでも)買ってしまえ!というのは今度きちんと書きたいなと思いつつ、この梅雨の季節はキャノン5D mark3ランクのマシンの良さを実感する。

なぜか、
それは、『防塵防水』だからだ。

 

さすが5D mark3、真の防塵防水、寒暖差にも強い

梅雨の季節といえば、雨、いや、雨なら良い。雨か霧か分からない状態が、傘でカメラを守るか悩ましく、どっちにしろ水分が俟っているような状態なのでカメラが濡れるのだ。

こういったとき、キャノン5D mark3ランクのマシンは安心である。特にキャノン・NIKONは、どの画角に対しても防塵防水レンズのラインナップがあるし、このランクは筐体がマグネシウム合金で、レンズマウントがしっかりしているので歪んで隙間から水が入る心配も無い。

昔あったのだが、ドバイで、自分は5Dmark3、友人はEOS kiss。ドバイと言えば灼熱の街。だが、実はショッピングセンター/モールは冷房で極寒なのだ。
そのため、ショッピングセンターの出入りはかなり気を使う。温度差が激しすぎて、カメラが必ず結露するのだ。

筐体の制度が緩く、熱された筐体に隙間から一気にドバイモールの冷気が流れ込むと、内部が結露し水で合うと。
筐体は大丈夫でも、歪んだレンズやマウントから結露した水分が入ってしまうこともある。

とにかく、カメラの筐体の力が問われるのはエベレストとかマッキンリーとか、大自然、ネイチャーカメラマンの世界と思われているが、実際は違う!

中東や東南アジアの暑い新興国は、昭和の日本のように冷房過剰の癖があり、実はエベレスト並みの過酷な環境なのだ。

と考えると、やはり5Dmark3は良い買い物だった。

なんせ3年間ずーっと現役最新機種、他社フラッグシップがやっと追いついてきた/ちょい超えてきたなのだ。しかも性能的にあと2年は現役でいける。なのでソニーのα7R IIは我慢しようかなと思う。

 


 

当サイト「IBA Street Pictures」はIBAが撮影した、主にプレゼン・壁紙用途などを想定した4K・5Kサイズの画像を掲載しています。4K-8K時代の高解像度画像集を目指しております。是非ご活用ください。

Surface3は最高のバランス!


Search Surface 4はどうなるか、Surface 10シリーズになるんじゃないの?

以前↑な記事なんて書きまして、今も「Surface Pro 4」より「Windows 」10に合わせて10にこだわって、「Surface Pro 10」がでるんじゃないの?なんて思っておりますが、とりあえず先にpro抜きの「Surface 3」が出たので触ってみました。

!!!!!『Surface3』いいねこれ!!!!

なにが良いって、10インチが手に馴染む。Proの12インチはやはりデカすぎ。

そして「Surface Pro3」と違って熱くない。

CPUがATOMだしダメなんじゃ無いの!?CoreMだったら良かったのにと思って触ったのだが、ちょっとしたEXCELぐらいなら困らない!!

ということで、自分がWindowsに求めること(重い動画とかLightroom・Photoshop使用はMacで、WindowsはネイティブのOffice、特にEXCELとACCESSが動けば良い)を満たしてくれる感じ。

さらに周波数は限定的ながらLTEが使用可能。docomo系のSIMでOKなので、ネットワーク品質がしっかりしてるIIJあたりが良いだろう。
(MVMOはネットワーク品質どこもドコモレベルだろと思ったら大間違い。ドコモとの接続と収容ユーザーと機器スペックの増設管理がしっかりしてるのは圧倒的にIIJ・さすがインターネット・イニシアティブ・ジャパン)

自分の本当の望みで言えば、あと3万高くしてもCoreMと、SSDは512G積んでよとなるのだけれど、無いないで割り切った使い方が出来るのでOK.

これはさすがにSSDが128G、メモリ4Gの方。いくら何でも現代でSSD64G、メモリ2Gはキツい。特にメモリ2G。Google Chromeブラウザのちょっとした利用で使い果たされてしまう。

あと何よりSurfaceシリーズでいいのは、MicroSDスロットがついているところ。これで128Gは増設できるので問題なし。

(通信量が1G1000円程度から下がらないのに、MiscroSDというローカルストレージを排除していくGoogleやGoogle Nexusシリーズはどうにかならないだろうか。。。)

これで7月29日は「Windows 10」に無料更新される。

現状でも圧倒的なキラーハードウェアなのに、現状のWindows10プレビューの評判から判断するに、来月にはソフトもイケてるものになる。これはSurface Pro3を放棄してSurface3に変えるか悩ましい。。。

 


 

当サイト「IBA Street Pictures」はIBAが撮影した、主にプレゼン・壁紙用途などを想定した4K・5Kサイズの画像を掲載しています。4K-8K時代の高解像度画像集を目指しております。是非ご活用ください。