Blackberry PassortをOS 10.3.1にアップデート。日本語入力ちょっと良くなったかな。

Blackberry PassportをBlackberry OS 10.3.1.1581にアップデート。
ブラックベリーはよくSIM差し替えたらOSアップデートが降ってくるとかいろいろありますが、
単に普段通りIIJのSIMを刺して運用してたら、自然にアップデートが降ってきた感じです。

 

Blackberry OS 10.3.1 Update

大きく変わったのは、ロック解除画面のデザイン。といってもやることは変わらずパスワードを打つという話なので、改善とも改悪とも感じず。
あと充電してるときに電池アイコンの横で電撃マークがアニメーションするように。これは充電している状態なのかわかりやすく、改善。

 

Androidアプリが速度が速くなったとか体感が良くなった風には感じないが、特に動かなくなるものも無く、おそらく裏ではAndroidアプリ動作の安定化などが進んではいるだろう。

#自分がBlackberry Passport上で使用しているAndroidアプリは下記記事に掲載

Blackberry Passportレビュー1:非常に良く出来た機種。日本語も問題ない

 

一番期待した日本語入力に関しては、フォントの改善は成されなかったものの、アンチエイリアスの具合が良くなったのか、見やすくなった(気がする。こればかりは主観と好みの問題なので)。

またIMEの入力速度に関しても、改善されたと思う。

変換品質は向上した気はしないが、そもそもBlackberryでのハードウェアキーボードの入力リズムが、ATOKのような高度な連接分変換を必要としないものと感じているので、そもそもそこまで気にしていなかった。
(長文をばーーーっと打つより、入力-変換-Enter-接続詞(ひらがな)-入力-変換-enterのような細かく確定するリズムで使用している。)

総評としては、着実に完成度を高めてきた。日本語については改善がされたと思うので、インストール可能なユーザーは即アップデートすべきといったところ。

またブラックベリー社には、日本発売はまぁビジネスの観点から難しくても仕方ないから、外資系企業の日本支社で利用する社員のために、フォントを差し替えて欲しいと何度でもお願いしたいところ。無料の良いフォント(IPAフォントやGoogle-Adobeの無料アジア言語フォント「源ノ角ゴシック シリーズ」など)で十分なクオリティ/文字カバー率なのでと。

 


 

Blackberry Passportは現在はAmazon.co.jpからでも普通に購入できる。米国Amazon.comでキャンペーン中なら$559だがすぐ届くわけでもなくそれで7万+関税なので、いまなら日本アマゾンでも良いとおもう。

Blackberry Passportはnano sim(iPhoneと一緒)のマシンなのに注意。IIJのSIMはMVMOの中でも中の人の運用クオリティが高くおすすめ