Blackberry Passport カメラレビュー/セブンイレブンのドーナツ

 
ーーー関連ポストーーー
Blackberry Passportレビュー1:非常に良く出来た機種。日本語も問題ない

Blackberry Passportレビュー2:使いやすいブラウザ

Blackberry Passportレビュー3:まだ中華フォントだが、見所のある日本語入力
ーーーーーーーーーーー
 

 

 

Blackberry Passport カメラ作例/セブンイレブンドーナツ発売開始

ブラックベリー パスポートでのカメラ作例。
セブンイレブンのコーヒーメーカーの写真。ああ、セブンイレブンの店内の明るさね!と思っていただければ性能がイメージしやすいと思う。

あの明るさ(人間の目には明るいがカメラにはちょっと暗い)で片手で撮影。フラッシュは使わず。ISO66。手振れ補正搭載のカメラだが、多少手振れしている感じ。
ISOがちょっと低すぎなので、Blackberry社はもうちょいアグレッシブにISOあげても良いと思う。

解像度は3120×3120と正方形。さすがブラックベリー。13メガピクセル程度。画角は35mm換算で30mm、好き嫌いはあるが、広角過ぎなくて良いと思う。
カメラの性能もBlackberryのイメージと違って完全に現代的なので、こんなInstagram向きのデバイスは他にないはずなのだが、まぁビジネス向けのイメージが強すぎるだろうか全くイメージされていない。

何より良いのが、シャッター音が鳴らないこと。日本はちょっと懸念があると業界全体自主規制してしまって、社会全体の利便性を奪ってしまう。スクリーンショットをメモするのでさえシャッター音。

Blackberry Passportはさすが海外SIMフリー機なので、設定すれば無音に出来る。
さらに使いやすいキーボードと相まって、最強のEvernoteメモマシンであると言える。手振れ補正もあるし、ISOをあげる余地もあるのでオフィスでも使える。

ついでにセブンイレブンのドーナツ。この写真はセブンイレブン渋谷道玄坂2丁目店で撮影したのだが、いよいよ東京都心にもセブンドーナツ進出か!
一通り食べてみたが、味はうーーーーん、不味くはないが/普通に美味しいのだが、ミスドと比べるといまいち。

横でミスド100円セールやってたらどっち?といわれたら迷わずミスドになる感じ。

ただセブンイレブンの改善力は凄いので、全国展開する頃には改善されてミスド並みにはなるだろう。

競争が激しすぎて生き残るが本当に大変な時代になった。

 


Amazon購入ページ