初心者のための一眼レフ入門講座 :シャッタースピード中間まとめ「光を捉える」

前回:初心者のための一眼レフ入門講座 4:写真要素分解 歩く人

初心者のための一眼レフ入門講座カテゴリーページ
http://www.street-pics.net/category/camera-lecture-for-beginner/


初心者のための一眼レフ入門講座 :シャッタースピード中間まとめ「光を捉える」

第1回から第4回までの講座では、下記のことを述べました。

  • 写真とは光を捉える作業である
  • 自分の好きなタイプの写真を数多く見て、どういう光を捉えているか逆算することが大事である
  • 光を捉える作業である以上シャッタースピードが第一の肝である

これらについてまとめます。

#ブログなんで正確に対応しているか怪しいのはご容赦を

写真とは光を捉える作業である

写真とは、昔フイルム/今CMOSにレンズを通して光を記録させた物です。
だから、自分がどのような光を記録させたいのか、そのためにカメラ(特に各種設定がしやすい一眼レフとミラーレス一眼)とレンズをどういう風に使用するのか、操作することで撮影したい写真へと意識的に近づけることが可能です。

つまり写真とは世界に起こっていることをありのままに記録・表現するツールでは無く、意図と共に事象を切り取るための道具であるということが言えます。

自分の好きなタイプの写真を数多く見て、どういう光を捉えているか逆算することが大事である

上記で写真とは意識的にカメラ/一眼レフを操作したものであると述べました。
だからこそ、自分が好きな写真/撮りたい写真の模範となるような作品を多く見て、これはどういう操作を通じて記録された写真=光なのだろうかと考える事が、撮影の上達のために重要な行為です。

逆に先にカメラの使い方や撮影パラメーター、撮影後のAdobe Lightroomなどのソフトウェアを用いたRAWデータデジタル現像処理などを網羅的に学んだとしても、おそらく重要性や使いどころがつかめず、プロを目指して専門学校に通っているのでも無い限りつまらない行程が長いだけだと思います。

光を捉える作業である以上シャッタースピードが第一の肝である

カメラ/一眼レフを操作するときの主要なパラメーターとして、シャッタースピード・ズーム(画角)・絞り、その他ISO・露出・・・といったものがありますが、当サイトでは、第一にシャッタースピード、第二にズーム(画角)、第三に絞りと考えています。

なぜなら、シャッタースピードは何秒分の光を記録するのか、つまり「世界で起こっている事象の何秒分を写真という1枚の平面に圧縮するのか」という記録の根本的な要素だからです。

ズーム(画角)は記録する対象の世界の広がり/狭さを定義し、人間が美しいと思うか/安定してしていると思うかなどの美観に関わる構図を左右し、絞りは光の量や光の通し方の決定を通じてボケ方といった表現を左右します。

ズーム(画角)・絞り共に重要な要素ですが、どちらかというと記録の先の表現・美観のレベルに強く反映されるパラメーターです。なので、まず記録段階を制覇するという意味でシャッタースピードのマスターが重要であると当サイトとは考えています。

写真の要素分解を通じて、シャッタースピードの肌感覚を掴む

ここまでの入門講座では花火、夜景、歩行者などの写真の要素分解を通じて、この写真のシャッタースピードは何秒か/これは何秒間の世界を1枚にまとめたものなのかを考え見ることをしました。

花火をあーいうふうに取ろうと思ったら何秒ぐらいだろう、歩行者をこのぐらいの動き感で記録したかったら何秒ぐらいだろう、こういったことが感覚的につかめるようになれば、撮りたい写真がとれる確率が飛躍的に高まると思います。

次にすること

次はズーム(画角)の話をしようと思います。これは極端な広角やズームも含めて、人間の目で見えない世界を表現できるというカメラの可能性を引き出してくれる要素だからです。