Tunisia, Tunis, Sidi Bou Said, Le café des Nattes 5K,チュニジア シディ・ブ・サイド,カフェ・デ・ナット,5K

Tunisia, Tunis, Sidi Bou Said, Le café des Nattes 5K(チュニジア シディ・ブ・サイド カフェ・デ・ナット 5K)

Tunisia, Tunis, Sidi Bou Said, Le café des Nattes 5K,チュニジア シディ・ブ・サイド,カフェ・デ・ナット,5K

首都チュニスから郊外鉄道TGMで20分ほど、チュニジアで一番有名な観光地シティ・ブ・サイドにある、世界的に有名なカフェ「カフェ・デ・ナット」。
チュニジアンブルーの空の下、白い壁と青い扉の統一感ある家々が連なる街のメインストリート「ハビブ・タムール通り」の先に、高台から地中海・チュニス湾/カルタゴを一望できる最高のロケーション。
Read more

チュニジア・チュニス・チュニジアの猫

Tunisia cat 4K(チュニジアの猫 4K)

IBAST_5000_f1O4A5711

チュニジアの首都チュニス、メディナ(旧市街)に座る猫。明らかに日本だと高級血統書とかのたぐいの猫様であるが、野良猫である(=^ェ^=)
もうすぐ2月22日は「ねこの日」!なのでしばらくネコ写真強化しようかと

Tunisian cat at Medina Tunis, Tunisia.  Tunisian cat apparently different from Japan. It is sell with high-price tag in Japan. But this is stray cat in Tunisia. Great!!  Japanese cat persons should crazy!

Febrauary 22th is A cat day in Japan. Because 2(two) is “NI” in Japanese. and 222(NININI)is near sound Nyan Nyan Nyan(にゃんにゃんにゃん). Nyan is ordinary cat cry in Japan. I will upload many cat photos.
チュニジアの猫シリーズ
Tunisia cat at Tunis Medina area 4K(チュニジアの猫 4K)

Tunisia cat at Tunis Medina area 4K(チュニジアの子猫 4K)

iMac Retina 5K対応壁紙 夕闇のマッカーサー道路

iba-street-pics-net-imac-5k-5120-2880_20150110-1O4C9403

虎ノ門ヒルズからの夕闇のマッカーサー道路。新虎通りとも言うらしいが、どうもマッカーサー道路になれてしまって馴染まない。
低層建築地帯を整理し開通したばかりなため、普通の大通りとは違う風情。
まるでシムシティで大通りを敷いた直後のような風景である。

MacArthur road, Tokyo from Toranomon Hills, in evening gloom time. This area native call “MacArthur road”. Because described as this road planning by Douglas MacArthur GHQ.

MacArthur road is still opened less than a year. Road side buildings is low yet. Like the simcity “High Density Road”.

Apple Store New York Fifth Avenue 4K(アップルストア ニューヨーク 5番街 4K)

Apple Store New York Fifth Avenue 4K(アップルストア NY 5番街 4K)

Apple Store New York Fifth Avenue 4K(アップルストア ニューヨーク 5番街 4K)

Apple Store New York Fifth Avenue 4K(アップルストア ニューヨーク 5番街 4K)


世界最高級繁華街、ニューヨーク5番街のアップルストア。2006年に開店して、2011年に改装した。こんな短期で改装したのは、2006年のものは技術上の問題で90枚のガラスと継ぎ目で構成されていて美しくない、15枚の継ぎ目の少ない美しいキューブに作り直すという理由らしく、いかにもアップルらしいストーリーである。 Read more

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 7

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 7 電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 7
電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 6

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 6 電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 6
電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 5

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 5 電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 5
電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 4

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 4 電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電柱・電線 4K /Asian Electronic-Telephone poles and wires 4K 4
電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。特にこの電柱は鳥の巣の跡の趣が良い。

アジアの電線 /Asian Electronic-Telephone poles and wires 3

アジアの電線/Asian Electronic-Telephone poles and wires 3 電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。

アジアの電線/Asian Electronic-Telephone poles and wires 3
電柱の景観に対する悪影響について良く強調され、昔よりは地中に埋めた電線/光ファイバーの更新も技術的にしやすくなったため、埋めてしまうと保守が面倒という事態も少なくなった。といいつつ、電柱と電線のある風景というのが面白いのも事実。