新Macbookに登載される新トラックパッドは感動的な使いやすさ

新Macbookのトラックパッドは「Force Touch Trackpad」と呼ばれる新しいものになり、力のかかり具合を感知する「フォースセンサー」と、クリックした触覚を人間に錯覚させてくれる「タプティック・エンジン」を内蔵しているとの事です。

この「Force Touch Trackpad」、いち早く発売した新Macbook Pro 13inch Retinaに登載されているので早速使ってみました。

その感想なんですが、本当に感動しました。これまでの物理的なクリック感覚を一切損なわず、でも広大なトラックパッドのどこでもクリックが出来るので、手の小さい人にとってはかなりの改善となります。(クリックできるところまで頑張って親指を伸ばさなくてよい)。

どのぐらい違和感がないかというと、Apple Store銀座で、新Macbook Pro 13inch Retinaを探してトラックパッドをクリックして探していたのですが、当初全部クリックできるので「新しいヤツ店頭展示無いのかなー」と思って店員に聞いてみたら、なんと「全部新しいやつ」ですとのこと。

つまり新しいフォースタッチトラックパッドは全く押下が出来ないのに、何回クリックしてもこれまでの物理的な押下の出来るトラックパッドと差が分からなかったという事!

本当にAppleは凄いモノを作ったな、という感想しか出てきません。

これが進化してiPhoneに登載されたとしたら、物理キーボードが売りのBlackberry社は辛いことに…

次は新Macbookのキーボードの検討です。

新Macbookのキーボードは慣れればどうにかなるのか!?

 


 

当サイト「IBA Street Pictures」はIBAが撮影した、主にプレゼン・壁紙用途などを想定した4K・5Kサイズの画像を掲載しています。4K-8K時代の高解像度画像集を目指しております。是非ご活用ください。