投稿

BlackBerry Osloの情報流出とBlackberryのAndroid採用の話は繋がっているのでは無いか


ブラックベリー連続論考
BlackberryがAndroidを採用したら、現行QNXベースのOS10はどうなるか
Blackberry Osloの流出について

前エントリでBlackberry Osloの話を書いたが、今度はBlackberryがAndroid採用との噂。

マジ? BlackBerry初のAndroidスマホが登場か
http://www.gizmodo.jp/2015/06/_blackberryandroid.html

想定される機種自体はスペインのバルセロナのMWC2015で発表・予告されたスライド型のキーボード搭載端末のようだが、タイミングを考えるとBlackberry Osloの情報流出とこのブラックベリーのAndroid採用の話は繋がっていると思う。

ブラックベリーは企業向けにセキュリティの強固なコミュニケーションサービスを提供してきた企業で、これまではBIS:Blackberry Internet Service、今はBES 12:blackberry enterprise serviceをクラウドで提供しようとしている。

このBES12はAndroidやiOS端末も対応していて、BISを提供するためにブラックベリー自身で端末を用意しなければならなかった時代からすると、ブラックベリーの長期ビジョンからするとより進んだとも言える。(もっともやはり自社端末の方がやりやすいのは間違えないだろうが)

そして昨年はAndorid陣営の中でサムスンとより深い提携を行った。
Android陣営の競争激化の中で端末販売のみで利益が出せなくなったサムスンもクラウドサービスに舵を切ったと言うことで、呉越同舟な感もあるが、まぁ喧嘩別れした後はブラックベリーにとって有利な結果が残る提携である風に見えるので、ブラックベリー社にとってはいいのだろう。


BlackBerryとサムスン、「Android」端末のセキュリティ強化で提携
http://japan.cnet.com/news/service/35056590/

という環境の中で、現行のBlackberry OS10は車載用のリアルタイムOS QNX上でAndroidアプリが動作する環境を整えているわけだが、これをそもそもフルAndroid上でブラックベリー品質のクオリティとブラックベリーのクラウドが動作する風にするというのは、検討はしなければおかしい話である。

というなかで、Blackberry Osloは「初のAndroid搭載Blackberry端末!」となってもおかしくない、ちょうど良いスペックをしているのだ。
ハイスペック過ぎると本来のブラックベリーを食う可能性があるし、かといって廉価版のいかにも他社のOEMですというタッチパネル端末だとブラックベリー社が出す意味が無い。

「ブラックベリーの象徴たるキーボード付きの廉価モデルでAndroidかつブラックベリー品質」というラインがいかにもなのだ。

Blackberry OsloはAndorid版とBlackberry版があります!とかなれば、いちファンとしては大変楽しい話である。

 


 

当サイト「IBA Street Pictures」はIBAが撮影した、主にプレゼン・壁紙用途などを想定した4K・5Kサイズの画像を掲載しています。4K-8K時代の高解像度画像集を目指しております。是非ご活用ください。

Blackberry Osloの流出について


ブラックベリー連続論考
BlackberryがAndroidを採用したら、現行QNXベースのOS10はどうなるか

BlackBerry Osloの情報流出とBlackberryのAndroid採用の話は繋がっているのでは無いか

Blackberry Passportの後継機とされるOsloの情報が立て続けに流出している


BlackBerry Oslo Images Leak And They’re Not Impressive
http://www.techtimes.com/articles/59698/20150611/blackberry-oslo-images-leak-and-theyre-not-impressive.htm

しかしこれは後継機では無いと思う。余りに安っぽすぎる。
実際に持って頂くと分かるが、BlackBerry Passportは非常に高級感があり、物を保有する満足感が得られる。

写真で見ると、どうだろうか?
(Osloの流出写真とPassportのAmazonの商品写真)

Blackberry Osloとされるもの

ブラックベリーが物理キーボードにこだわった事で得られる「触覚」から得られるエクスペリエンスの延長にBlackBerry Passportのデザインはある。
結果として、フラッグシップ機として非常に素晴らしい出来映えとなっている。

しかしBlackberry Osloは余りにデザインとしての合理性が精密さが感じられないデザイン。特に正面と側面の繋ぎの筐体処理が。
なので後継機ではなくて、普及機になるのではないかと思う。

つまり、

1.伝統的なユーザーのためのBlackberry Classic
2.新しいブラックベリーOS10をフルに楽しめるBlackberry Passport
3.新しいブラックベリーOS10を安価に普及させるためのBlackberry Oslo

というラインナップになると言うことだ。

これはブラックベリーOSの需要が企業システムの従業員配布端末にあるという事を鑑みても良いことだろう。
何千台も配るなら、デザインを少々落としてでも安い方が良いとなる。

強いて言えば今後上位機に防水とか耐衝撃のラインナップが欲しいところか。
まぁ物理キーボードを打つことを前提とするブラックベリーの性質から、過酷な場所で使用するというのは少々考えにくいとも言えるから仕方ないか。

後から後からどんどん流出情報が。スペックは下記とのこと。


CPU クアルコム Snapdragon 801 MSM8974 2.2Ghz
1300万画素カメラ
3Gメモリ
32G記憶領域
ブラックベリーOS 10.3.2

Blackberry PassportのCPUがクアルコム Snapdragon 801 MSM8974AA 2.26 GHzであることを考えると、ほぼ同スペックのちょっと廉価版を採用してることになるので、やはり普及版なのだろう。

一部の記事では中国市場向けのモデルと。
https://www.blackberrycentral.com/news/article/exclusive-first-image-blackberry-oslo/

これは納得感高い中国はまだまだ大量のホワイトカラーが出現する地域なので、中国企業向け需要はあるはずだからだ。

 


 

当サイト「IBA Street Pictures」はIBAが撮影した、主にプレゼン・壁紙用途などを想定した4K・5Kサイズの画像を掲載しています。4K-8K時代の高解像度画像集を目指しております。是非ご活用ください。