Retina iMacに向けて6400ピクセル写真を試験掲載開始/Test upload start for New iMac Retina 2014.

Test upload start for New iMac Retina 2014. Trial processing photo for 6400 pixel Retina iMac quality.

Retina iMacに備えてOver 4K画像(6400ピクセル)の試験掲載を始めました。

既報の通り、Apple WWDC 2014で発表された Mac OS X 10.10 Yosemiteのベータ版にて噂されるRetinaディスプレイ搭載iMacの解像度が6400×3600であることを示すソースコードが見つかりました。

実際はMacbook Pro Retinaの仕様などからも、美しいフォント・画面生成をするために3200×1800ピクセル HiDPIという論理的な解像度として利用されると思いますが、現在のMacOSではRetinaディスプレイをHiDPIで利用した際、論理的な解像度に合わせた画像はやはり少しぼやけた風に感じるという声も聞かれます。

おそらくOSの画像処理の進化で軽減/気にならなくなるとは思われますが、6400ピクセルの実寸表示の方が美しいので欲しいという声もあるとは思います。

現在のデジタル一眼レフで6400ピクセルを確保できるのは3630画素のNikon D800/D800Eぐらいで、殆どの人はアップスケーリングを通じてピクセル数を確保することになるはずです(私もCanon 5D mark3なのでアップスケールが必要 )。

そこでとりあえずアップスケールどんなもんかと、いくつかの画像をアップスケーリングして掲載してみます。

#正直なところピクセル等倍の画質なんて全く自信が無い/不十分だと認識しているところなんですが、HiDPI時にちょうど良い割合で縮小表示されるので、iMac Retinaの実使用では良い形になるのではないかと期待してます。

-掲載ページ–
【Hub page/まとめ】iMac Retina 2014向けOver 4K 6400ピクセル写真テスト 1

【Hub page/まとめ】iMac Retina 2014向けOver 4K 6400ピクセル写真テスト 2
————