新MacbookよりもMacbook Proがどうなるのかが気になる

 

新Macbook(12インチ Retina)の購入を検討するためにCore Mの性能を考える
新Macbookに登載される新トラックパッドは感動的な使いやすさ
新Macbookのキーボードは慣れればどうにかなるのか!?

と新Macbookについて論評してきたが、こうなると気になってくるのがMacbook Proの方はどうモデルチェンジされるかだ。

なぜ気になるかというと、最近の13インチMacbook Airが実質的にMacbook sub-Proとして使われていた(十分高性能だったため)事を考えると、これは新Macbookに統合できない需要であり、Macbook Proの方に寄せると考えられるからだ。

つまりAppleが新MacbookとMacbook Proの2つのラインにまとめていくのではないかと考えた。

現在のMacbook Proの筐体であるアルミユニボディは2008年に登場したLate 2008モデルから始まっている。
この時のCPUは Core 2 duoで、この頃のインテルは無線LANカード等も含めてCentrino(セントリーノ)といった統合ブランドを展開したりもしていた。
つまり無線LANがまだ標準とは言い難かった時代。だいぶ昔である。

そして現在2015年と7年経った。2008年と比べると、CPUの熱設計は楽になり、USBなど様々なコネクターを実装したとしてもロジックボードはかなり小さく出来るようになった。

と考えると、この筐体を維持し続ける合理性はかなり薄くなっている。
Retina化の段階で400−500g程度軽くしてはいるが、新Macbookの筐体を構成するアルミの厚さがだいぶ薄くなった事を考えると、新MacbookやMacbook Airのようなくさび形の筐体にし、15inchモデルで1.68kg程度になるといった改善を行う余地もあると思われる。

 

仮にこのような新Macbook Proが開発されているとして、いつ発売されるだろうか。

これは2015年後半発売されると言われる、インテルの新CPUアーキテクチャSkylakeに合わせてではないかと考えられる。

この頃は、2015年春夏に発売されたWindows10が普及期に入り、PCの買い換えが盛んに行われ、それに合わせたメーカー各社の製品が発売されているといった具合だろう。

最近はIntelのCore Mに代表されるように、部材の進化によって熱設計など開発力が高いメーカーじゃなくても薄型軽量で魅力的なノートPCが作れるようになっている。

なのでWindows10が発売される頃には、PCメーカー各社がここ数年のWindows8の疫病神を払い落とすための魅力ある商品が発売されることになるだろう。

さらにMicrosoftも千載一遇のチャンスであるため、Surface Pro4(もしくはSurface Pro10かも)を身を削ってでも魅力的なモノに仕上げてくるだろう。

 

こうなったとき、Macの比較優位性は小さくなるだろう。単にデザイン・設計が古いのもあるし、Macの魅力を支える一つである単一機種の生産量が莫大でコストメリットが大きいという利点の効きが弱くなってくる。

つまりWindows8の失敗などもありここ数年続いていた、Macの優位性・競争力がだいぶ小さくなる瞬間が訪れると言える。

ここで今までと同じMacのラインナップでは、折角のWindows8 → Windows10という莫大なPC買い換えが予測される商戦で、Windows → Macへのスイッチの可能性を摘んでしまうどころか、Mac → Windowsのスイッチさえ危惧される。

そこでWindows10の普及期であり、Intel SkylakeアーキテクチャのCPUが供給される秋頃に、新筐体のMacbook Proが登場するのではないかと考えるのはおかしいことではない。

なので、新Macbookの性能に不安がある人は、秋まで待った方がよいかもしれない。

 

補足的記事を追加
BroadwellとSkylakeの切り替え時期はCore DuoとCore2Duoの時代を思い出させる

 


 

当サイト「IBA Street Pictures」はIBAが撮影した、主にプレゼン・壁紙用途などを想定した4K・5Kサイズの画像を掲載しています。4K-8K時代の高解像度画像集を目指しております。是非ご活用ください。